Chrome 68問題 7/24

<Google、Chromeで全httpページに警告表示>
7月24日、GoogleのブラウザChromeの新ヴァージョン
「chrome68」にて全ページがSSLに非対応であれば
警告表示が出るようになりました。

SSLというのはブラウザを表示・入力された情報が行き交うインターネット上のデータを
暗号化するというものですが、以前は入力フォームやカートショップにのみ使われてきた技術ですが
サイトにおける全てのページをSSL化する、「常時SSL」を強く推奨してきました
今回のヴァージョンアップにて、常時SSL非対応のサイトは警告表示を出して
閲覧者の権利を守る動きに出ました
放置していると、警告表示だけでなく、SEO対策的にも大きくマイナスになります

LLCでは、常時SSLの対応も行っておりますので
お気軽にご相談下さいませ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA